豊田高専 電気・電子システム工学科

電気

電気・電子システム工学科5年生片桐健登君が平成26年度電気学会関西支部高専卒業研究発表会にて「論文発表賞」受賞


平成27年3月 7日,電気・電子システム工学科5年生の片桐健登君が, 平成26年度電気学会関西支部高専卒業研究発表会にて卒業研究の発表を行い,「論文発表賞」を受賞しました。

片桐君は5年生の卒業研究で「英文多読時の内容理解度と眼球運動の相関に関する研究」というテーマで一年間研究をし,アイマークレコーダを用いて英語やドイツ語の文章を読む際に発生する眼球の停留運動を測定し,読解能力との比較を行いました。その結果,アメリカに留学経験のある学生がドイツ語の文章を読む際に,わからない部分を飛ばしながら前後の文から意味を推測し,補いながら読むことに慣れを示し,結果としてドイツ語の文章の内容を理解していないのに文を読み進めてしまう「すべり読み」に近い症状を起こしている可能性があることを発見しました。その成果を発表した学内の卒業研究発表会で最優秀の成績を収めたため,この発表会での発表に推薦されました。

賞状を持って撮影